twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で実現しよう!世界一危険な普天間基地撤去 12・10集会

■お話:花輪伸一さん 
元WWF-Japan 

■ヘリ基地反対協 安次富浩さんからのメッセージ 
  (海上ヘリ基地建設反対・平和と名護市政民主化を求める協議会)
  県民集会ライブ
  高江報告
  集会アピール

■日時:12月10日(土) 18:00~20:45

■場所:名古屋市女性会館 視聴覚室 
地下鉄名城線 東別院駅1番出口下車 東へ徒歩3分

■参加費:800円

民主党、野田政権の沖縄名護市辺野古への新基地建設の圧力が強まっています。ジュゴンや貴重なサンゴなどが生息する豊かな海を埋め立て、軍事基地を作る計画に対し、辺野古の住民はもちろん、全国の心ある人たちが15年にもわたって非暴力で反対の意思表示をしてきたにもかかわらずです。野田政権は、環境アセスメントの最終手続きである、知事への評価書の提出を今年中に行い、知事に対し、公有水面埋め立て許可を迫っていくことを明言しています。

そもそも、この環境アセス自体がまったくデタラメです。アセス法の最初の手続きである方法書の提出前に調査を開始したり、事故が多発している危険なオスプレイの配備を隠したり、違法な調査を続けてきました。違法アセスを法廷で問う裁判も行なわれています。市街地の中心にあり、世界一危険な普天間基地は無条件で一刻も早く撤去しなければなりません。銃剣とブルドーザーで土地を奪い、沖縄の人々の平和に生きる権利を奪っている基地を、これ以上作ることを認めるわけにはいきません。アメリカの議会内でも、国内の厳しい財政状況から辺野古への新基地建設に反対する声が出始めています。

沖縄県知事、名護市長や市議会、そして何よりも沖縄の世論は新基地建設反対です。私たちは、普天間基地の撤去と名護市辺野古への新基地建設を本気で止めたいと思います。現地の安次富さんと、環境アセスに詳しい花輪さんをお招きして、皆さんと一緒に、この事態を止めるために何ができるかを考えたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

主催:あいち沖縄会議

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。