twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『普天間基地は県外へ』政府は沖縄県民の声を聞け11・24集会

一坪

『普天間基地は県外へ』政府は沖縄県民の声を聞け11・24集会
~オスプレイ配備・高江ヘリパッド建設反対~  


<日時>11月24日(木)午後6時30分
<会場>文京区民センター(東京都文京区本郷4-15-14)  

 <交通アクセス>都営三田線・大江戸線「春日」駅A2出口すぐ  
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅5分   
JR「水道橋」駅東口15分  
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

<沖縄からの訴え> 島田善次さん(牧師/普天間爆音訴訟原告団長)    

<呼びかけ>
 辺野古への新しい米軍基地建設阻止の闘いは、2004年に座り込みを開始してから既に2600日以上が経過して今なお継続されています。ボーリング調査阻止闘争、海中でのアセス調査阻止闘争など、粘り強い闘いを通して、仲井真県知事さえ「基地は県外へ」と強い態度で政府に要求して射ます。基地はもうこれ以上いらない、我慢できないという強い怒りが、このように県民の総意として「基地は県外へ」という声となって吹き出しています。
 一方、新型垂直離着陸機MV22オスプレイが、来年から普天間基地に配備されようとしています。オスプレイは、開発段階から、危険性が指摘され、何回も墜落・死亡事故を起こしている、極めて危険な航空機です。
 沖縄では、危険な普天間基地が押し付けられているだけでなく、更にその上にオスプレイまで押し付けるのかと、怒りが沸騰しています。オスプレイは、岩国や東富士などで使用する計画があり、沖縄だけでなく日本全体の問題です。
 どこにも基地はいりません。沖縄に基地をこれ以上押し付けるのはやめさせましょう。「本土」日本人は、県民の総意である「基地は県外へ」という声に応えて、沖縄の人々と共に、日本政府に向かって、この声をしっかり受け止め、米政府と交渉しろという声を大にして叫びましょう。11・24集会に多くの皆さんの積極的な参加を訴えます。

 ★集会への参加・賛同を募集しています!  
  賛同金【個人/団体 一口1000円】   郵便振替:00280-1-131711辺野古実行委員会

**************************
 主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
 http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
 連絡先:090-3910-4140(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
**************************

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。