twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざせ!ちゅら海―島人が取り組むサンゴ礁の保全・再生

公開シンポジウム2 めざせ!ちゅら海―島人が取り組むサンゴ礁の保全・再
生―


日時:11 月 6 日(日)14:00~17:00
会場:沖縄県市町村自治会館 ホール
主催:日本サンゴ礁学会・沖縄県 共催:沖縄県サンゴ礁保全推進協議会
コーディネーター:中野義勝(琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設)
概要:本シンポジウムでは第一部で移植に関わる話題をお話しいただきます.また第二部ではどのような保全活動をすべきか,どのような地域作りをすべきか,等のテーマについて多様な立場の方々から話題を提供していただきます.移植については様々な意見や方法があります.また保全活動についても多様なアプローチがあります.今後,さまざまな立場の皆さんがご一緒に議論し,連携体制を構 築することが極めて重要です.私たちはこのシンポジウムをサンゴ礁の保全再生についてオール沖縄で議論する第一歩にしたいと考えています.

演題・講演者:土屋 誠(日本サンゴ礁学会 会長)
第一部(沖縄県におけるサンゴ礁の保全再生活動)
「サンゴ礁保全再生事業―サンゴ礁を育むちゅら海の再生に向けて―」 富永千尋(沖縄県環境生活部自然保護課)
「読谷地域での移植実践活動の課題と展望」 金城浩二(海の種) サンゴ礁保全
「石西礁湖におけるサンゴ群集再生の取組み」 柴田泰邦(環境省那覇自然環境事務所)
「移植への取り組みの考え方」 大森 信(阿嘉島臨海研究所)
第二部(保全と将来像~かなさんどぉ,サンゴ礁~)
「人・社会・環境にやさしい村づくり」 比嘉義視(恩納村漁業協同組合)
「河川海域における水質と陸源負荷の影響」 仲宗根一哉(沖縄県衛生環境研究所)
「サンゴ礁の環境保全教育の学校現場でのあり方」 大城 勝(名護市立名護小学校)
「沖縄観光を支えるサンゴ礁の魅力と保全」 下地芳郎(沖縄県文化観光スポーツ部)

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。