twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同質と異質の共存 オルタナ・クール第22回予告

「ナマ(今)とぅびぃん! オルタナ・クール」第22回

日時:10月20日(木)午後9時~10時
タイトル:同質と異質の共存
ゲスト:新垣誠さん(沖縄NGOセンター代表)
場所:カフェcello(那覇市泉崎)

新垣誠さん(沖縄NGOセンター代表)が沖縄タイムスに連載中の「思潮2011」9月分は「同質と異質の共存」というタイトルで、「第5回 世界のウチナーンチュ大会」に関連づけた内容になっている。そもそも「世界のウチナーンチュ」という言葉には、相反する二つのベクトルが働いていると新垣さんはいう。同じ文化や出自、血縁をベースにした同質性と、ゴチャ混ぜになりながら世界に開かれていく異質性と。一方で、その同質性から外れ、そのことに嫌悪感を抱く人間がいるが、そういう人は自らが抑圧者の側に立っていることに無頓着である。同質と異質の共存の可能性について、同大会の感想も併せ新垣さんに話を伺う。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。