twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評『決断できない日本』

書評『決断できない日本』

決断できない日本

著者:ケビン・メア
出版社: 文藝春秋
発売日: 2011/8/18

自分の価値観に従わない者、あるいは自分の職務遂行に対立する相手はすべて切って捨てる偏狭な、そして尊大な、そして明らかに差別的な精神構造の持ち主が持ち前の狡猾さで仕上げた本書は、外国人とりわけ欧米人から批判的な日本人論を浴びせらることに自虐的喜びを感じる磐石な読者層をターゲットに成功した。とりわけ「沖縄はゆすりの名人」報道の自己弁護を周到に刷り込ませ、しかしながら第一章では東日本大震災で被災した東北地方の人々に代表される「耐える」日本人を誉めそやし、第三章では北朝鮮拉致被害者の肩を持ち、極めつけ最終の第七章では日本人が本来持っていたサムライ文化を礼賛する計算高さは見習わなければならない。

偏狭な心の持ち主は自分の偏狭さにまったく鈍感だ。それは例えば次の引用に現れている。

アメリカ国務省では、海外に研修に行く学生たちに対するレクチャーはごく当然のこととして行われてきました。問題となったブリーフィングは東アジア・太平洋局のカート・キャンベル次官補から頼まれました。その時点では彼らを普通の学生だと思っていましたが、共同通信の記事が出た後に調べてみると、実は彼らは反基地グループに関わっていたことが分かりました。いま考えれば大変うかつだったと思います。


頁をめくると、学生たち一行が辺野古のキャンプ・シュワブ基地のフェンスに掲げた横断幕の写真が「反基地グループに関わっていたこと」の「決定的証拠」として掲載されている。

メア氏の論理によれば、辺野古の基地反対運動は彼の職務である米軍政策に対する「妨害行為」以外のなにものでもなく、国家権力=暴力を正当に行使し排除すべき瑣末な営みである。それを彼は「反基地運動」と名指し、国家権力に反する不穏分子であるとみなす。実際には、それが平和と自然そして控えめな生活を守るための正当な活動であるなどとは決して認めようとしない。

最も卑劣なのは、平和を求めるこころと社会の矛盾を感じた動機から現場に立ち寄っただけの学生たちを、まるで犯罪者であるかのように扱っていることだ。そしてその態度は、米軍基地に反対する沖縄の人々全般に向けられていることはいうまでもない。ちなみに、北部訓練場「過半の返還」に伴う東村高江区をとりかこむヘリパッド建設をめぐる座り込み運動を、メア氏がまさしく「妨害行為」と表現していることは、同問題で現在係争中の通行妨害禁止訴訟において原告側(沖縄防衛局)が被告(座り込みメンバー)の表現活動に対して当てる言葉と一致しているが、それこそ「日米同盟」なるものの浅薄な証しなのだろう。

なにはともあれまったくもって見事なヒールぶりである。本書の売れ行きに気を良くしたメア氏の次なるアクションは、年末の格闘技イベントで華々しくデビューすることらしい。リングネームは「Master of Manipulation(ゆすりの名人)ケビン・ザ・ナイトメア」だとか。歓声こだまする入場シーンでは、熱いコーヒーをぶっかけられないように気をつけてほしいものだ。

(西脇尚人 2011/9/24)




コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。