twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古の海は “波 高し”

辺野古の海は “波 高し” 2007/05/20

辺野古の海に自衛隊が動員されるというショッキングな情報に、平和を望む沖縄の人々は現場に駆けつけた。18日の現場の状況を報告する。

 米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への代替施設移設に伴う海域調査(事前調査)で那覇防衛施設局は調査機器の設置を行った。海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」が辺野古沖に停泊し調査を支援するという。阻止行動に対する政府の強い意思とみてよい。

photo135.jpg
海上保安庁の巡視船と思われる。

 詳細については下記情報をご覧いただきたい。それ以外にも特に大手メディアと地元メディア、市民による情報などを比較してほしい。

 午前10時過ぎに現場に着いた私の五感を捉えたのは異常な非日常の世界だった。水平線を見渡すと巨大な巡視船が4隻おぼろげに、しかし、はっきりと確認することができる。上空にはマスコミの飛行機、ヘリコプターが旋回し、耳障りな音をたてている。時より「ドスン!」という轟音が近くの米軍基地から聞こえる。まさに戦場だ。

 平和を望む沖縄の人々約100名が深夜から集まった。日中は約50名が浜に座り込み、海上での阻止行動を見守った。住んでいるところも、性別も年齢もバラバラ、各自自主的に集まって来た人たちだ。マスコミが見出しで使う「反対派」という、なにか暴力的な政治的団体のようなレッテルがいかに事実に相反するものか強調しておきたい。

photo136.jpg
座り込み意思表示する人たち。

 阻止行動をしているのは市民団体のメンバーが中心かもしれないが、団体に属していないそれ以外の市民も多いのだ。そういった真実を伝えるためにも、今後予想される大手メディアにおける「反対派」ネガティブ・キャンペーンに対し、市民メディアの役割は大きい。

 午後2時過ぎヘリ基地反対協の安次富浩さんから座り込みを続ける人々に現状報告があった。

 「汀間(てぃーま)漁港でわたしたちが船を出そうと準備をしていると、10名位の海上保安官が来まして、船に積載する用件など全部をチェックされた。その内、一隻はどこかに不具合があるということでストップをかけられた。あと一隻は準備不足ということでこれもストップをかけられた。海上保安庁はわたしたちを妨害したことになる。こちら(辺野古?)のウミンチュ(漁師)が船を出すときには点検もなにもしない。

 まさに狙い撃ちでわたしたちの抗議行動の邪魔をするということが明確になったわけです。海上保安庁として、船の安全ということをかなぐり捨てて、事業者のガードマンとしての動きということが顕著になっています。

 海上の阻止行動では、海上保安庁の巡視船がわざと波立たせてこちらのカヌーを横転させるという暴挙までやっています。事業者のための海上保安庁ということがはっきりしています。

 そんな中で忘れてならないのが、宜野座のウミンチュの船4隻が私たちの活動をサポートしてくれていることです。

 民間の潜水士と自衛隊の潜水士の区別はつきません。そういう形で自衛隊員が介入しているのははっきりしています。市民運動に自衛隊が介入し私たちに脅かしをかけたということは、今後の市民運動に自衛隊が介入するという先駆けみたいな形になっていると思います。民主主義を守るためにもこの暴挙を全国に発信していかなければなりません。

 と同時に沖縄の歴史の中で、復帰前は米軍が銃剣とブルドーザーでわたしたちの土地を奪い住宅を壊していった。同じように今回は自衛隊の力で海を奪っていこうとしている。このことを絶対に許してはいけない」

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
http://blog.livedoor.jp/kitihantai555/
辺野古からの緊急情報
http://henoko.jp/info/
基地建設阻止
http://henoko.jp/fromhenoko/

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。