twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思いやり」は被災地へ有志一同 署名提出・院内集会

「思いやり」は被災地へ有志一同 署名提出・院内集会

★米軍への「思いやり予算」は
★凍結して「被災地救援資金」に!

【日時】7月14日(木)午後3時~4時半 午後3時30分~5時
【場所】衆議院第2議員会館 地下1階 第7会議室  
(千代田区永田町2-1-2、最寄駅:国会議事堂前または永田町)

【署名提出】外務省・防衛省ご担当者に手交

【講演】前田哲男さん(軍事史研究家・評論家)
    「“思いやり予算”の真実」

   
 3月31日の衆議院本会議で「在日米軍駐留経費負担(思いやり予算 )に関する新たな特別協定案」が可決されました。

2011年度から5年間で約1兆円を米軍駐留費用として支出するという内容です。

一方で東日本大震災の被災地救援と復興には、福島原発事故災害への対策を含めて途方もない巨額の資金が必要な事は明らかです。
 
「米軍に思いやり予算を支出するより、そのお金を被災地に!」と、沖縄の3人の女性が「米軍の思いやり予算を凍結し、被災地支援に充てる事を求める要請」署名運動に立ち上がりました。たった3人で4月に始めた署名は、7月に入って12000筆を超えました。

7月14日に外務省・防衛省に署名を提出するとともに、報告集会を開催いたします。集会では冒頭に外務省・防衛省の担当者に署名を提出し、軍事史研究家・評論家の前田哲男さんに「思いやり予算」の解説をしていただきます。

ぜひご参加ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【主催】「思いやり」は被災地へ有志一同
【国会連絡先】服部良一事務所 内線(TEL)70505
 外線(TEL)03-3508-7056[担当:芦澤]

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。