twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄本レビュー(書評)執筆募集(6月)

【沖縄本レビュー(書評)執筆募集について】

・下記の沖縄本リストは1ヶ月1回をめどに新しい書籍をアップしていきます。
・掲載されている沖縄本の書評執筆をご希望される方は、書籍名を明記の上、 情報募集投稿フォームに必要事項を記入し、OAM編集部あてに送信下さい。
・書籍をご郵送の上、ご執筆いただいた書評をOAMサイト内でご紹介致します。
・原稿の締め切りはご郵送後約3週間、分量は約1000字が目処です。原稿料は現金でのお支払いをせず、書評書籍の献本をもって代えさせていただきます。
・お一人様一回につき一冊とさせていただきます。複数のご応募はご遠慮下さい。
<応募終了>の表示がある書籍については既に書評執筆者が決定しておりますので、あしからずご了承下さい。
沖縄本リスト① 〈応募終了〉
『蔡温の言葉 琉球宰相が残した物語り』


さいおんの言葉

武智方寛著 
ボーダーインク
定価1680円(税込)

蔡温(さい・おん) 1682年~1761年 琉球王国の三司官(大臣)。具志頭親方文若の名も持つ。

琉球王国史上、最も偉大な政治家・ 蔡温(さいおん)の教えが現代語訳でよみがえる。
琉球王国の第二黄金時代をになった。琉球王国史上、最も偉大な政治家。さらに、敏腕の外交官、実践重視の哲学者、当代屈指の土木・農林技術者としての顔もあった。三司官として、農業・商工業の振興をはじめ、治水事業・森林育成政策などを、みずから現場に立って指導した。彼が主導した国土利用の再編事業は、今日の沖縄の風景にも大きな影響を与えている。また、数多くの著作を残したことでも知られる。その内容は、国家観や政治の心得などを語ったものから、道徳書、農林業の技術書まで、多岐にわたる。沖縄で初めての自叙伝を書いた人物でもある。それらの教えは後の為政者の指針となり、「蔡温の後、三司官は四人いる」とまでいわれた。著作に綴られた肉声から、その豊かな人間性をうかがい知れるという点でも、琉球史においては稀有の人物である。

「真の宝は、君自身だ。なぜ自分を磨かないのか」(蔡温、かく語りき より)


沖縄本リスト②
『ウーウートイレ おきなわ0校時の階段』


ウーウートイレ

アンクル・カヤ著
ボーダーインク
定価1470円(税込)

子どもたちのための新しい怪談。実際小学校の読み聞かせをしているPTAにして、現役DJが語る沖縄のこわーい話は大人もぞくっとします。

沖縄のある小学校の読み聞かせから生まれた……
「そのトイレ、ウーウーって声がきこえるんです」

 沖縄には、昔から言い伝えられている怪談から、現在進行形の謎めいた話まで、色々あります。この本は、実際小学校のPTAとして子どもたちに朝の読み聞かせをしている著者が話している新しい沖縄の怪談や、実際体験したという不思議なお話、そして大人もぶるっとする都市伝説のような怪談をまとめています。家族そろって楽しめるように、いろんなお話がミックスしてあります。沖縄の小学校の読み聞かせから生まれた沖縄の新しい怪談。読み聞かせに、子どもと親とで楽しめます。


沖縄本リスト③ 〈応募終了〉
『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること 沖縄・米軍基地観光ガイド』


本土の人間は知らないが

前泊博盛(沖縄国際大学教授・前琉球新報論説委員長)・監修
須田慎太郎・写真 矢部宏治・文
定価1300円(税別) 6月12日発売予定(沖縄は6月6日) 
オールカラー・352ページ 四六判並製

普天間、辺野古、嘉手納、ホワイトビーチなど、沖縄本島に存在する米軍の全28基地を完全取材!!
1.詳細な地図入り観光ガイド
2.須田慎太郎による撮り下ろし写真集(オールカラー・200点)
3.歴史的背景説明と読書ガイド

 の3方面から、徹底解剖。次々と明らかになる驚愕の真実。この島(面積の20%が米軍基地)には、戦後日本の、そして世界の歴史の謎を解くカギが隠されていた!!

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。