twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀沖縄の自治と自立の構想~沖大構想の提案~

*****第479回沖縄大学土曜教養講座 ******
シンポジウム 「21世紀沖縄の自治と自立の構想~沖大構想の提案~」 
            
2009年発足した民主党政権は地域主権を政策の1丁目1番地と謳った。一括交付金制度の導入や地方出先機関の廃止などが具体的政策になっている。沖縄の高率補助金制度は継続されるのか、沖縄総合事務局は県に吸収されるのか。他方、沖縄振興特別措置法は、2011年度末で期限切れとなる。今、沖縄は重大な岐路に立っている。沖縄大学大学院研究会は、2012年度以降の新しい沖縄の姿を探求し、民主的に統制された自治政府の在り方を提言する。

 ◆日 時:5月14日(土)午後2時~5時
 ◆会 場:沖縄大学3号館101教室
 ◆趣旨説明:仲地 博(沖縄大学教授) 
 ◆登壇者:島袋 純 氏 (沖縄大学大学院講師・琉球大学教授)
       :濱里 正史 氏(沖縄大学非常勤講師)
       :前城 充 氏(南風原町職員)
       :幸地 東 氏(沖縄県職員)
 ◆聴講料:300円(予約不要)
 
 ◆主 催:沖縄大学地域研究所、沖縄大学大学院現代沖縄研究科講座
------------------------------------
 <お問い合わせ先>
    沖縄大学地域研究所
      電 話:098-832-5599
      F A X :098-832-3220
      e-mail:chiken@okinawa-u.ac.jp

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。