twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんばるの環境・人権・平和を考える~知っておきたい高江の今~

4・23高江ヘリパッド学習会のご案内

 日々、基地問題の取り組みご苦労様です。「高江ヘリパッドいらない」住民の会では下記の通り学習会を開きますので、お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

                記

タイトル: 「やんばるの環境・人権・平和を考える~知っておきたい高江の今~」
日時:4月23日(土)
   午後2時から(午後4時終了予定)
場所:東村立山と水の生活博物館(研修室A)
 沖縄県国頭郡東村字川田61-1 TEL/FAX 0980-51-2828
※名護方面から~県道70号線を北上、川田橋を越えて「福地屋」前を左折し1.5km

内容:1)高江DVD上映
   2)「生物の宝庫・やんばるの森と高江のヘリパッド建設」
     講師:伊波義安先生(奥間川流域保護基金代表)
   3)「高江SLAPP裁判の現状と解説」
     講師:喜多自然先生(弁護士)
   4)質疑応答・意見交換など
   
 日本政府・沖縄防衛局は去年12月22日から今年2月28日にかけて、東村高江への米軍ヘリパッド建設を再開し、毎日のように100名以上もの作業員を動員して工事を強行しました。N4地区ではイタジイ林が切り出され、N1地区では砂利を敷き詰め進入路の整備が行われました。貴重な生態系を保有するやんばるの自然が今まさに脅かされています。また、ヘリパッドの建設に反対し、自然や生活環境を守ろうとする住民に対し、国は「通行妨害禁止」の訴訟を起こし裁判による弾圧を加え、住民たちの生活、人権までもが脅かされている状況にあります。米軍のヘリパッドが新たに6か所も本当に必要なのか、やんばるの自然に与える影響は?、SLAPP裁判て何?今一度ヘリパッド建設問題について考え、学習してみませんか?皆さま多くの参加をお待ちしております。
以上

「高江ヘリパッドいらない」住民の会
沖縄県国頭郡東村字高江85-12
TEL/FAX0980-51-2688

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。