twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基地のない沖縄をイメージするWSのためのメモ10

基地のない沖縄をイメージするWSのためのメモ10

照屋勇賢の作品「Color the World」が中学校美術の教科書に掲載されるというニュースが先日地元紙で報道された。

照屋勇賢さん(県出身NY在)作品採用 中学2、3年美術教科書
琉球新報3月31日付
平和願う作品 教科書に 県出身・照屋さん
沖縄タイムス4月1日付

この作品は2001年の9・11米国同時多発テロ直後、アメリカ中が国旗をたなびかせている光景を目にした照屋が、アメリカが愛国主義で一つにまとまり勇敢さを感じると同時に、アメリカ人ではない照屋にとっては疎外感を感じさせるものであったと感じ、そのインパクトから創作された。

Color The World

「Color the World」では、一つの旗の上に世界196カ国・地域の旗が地政学通りに配置され、地球上の国が大家族となっていることがみてとれる。沖縄タイムスの記事によると、「旗は国を一つにするが、ほかの国との距離を広げる側面もある」と照屋は述べている。「For the World to Come」同様、照屋がモチーフから両義性を感知している点に注意したい。

国旗とは国家の証明書である。国家とは暴力を合法的に行使しうる機関をいう。国家とは常に他の国家に対して国家である。国家と国家は潜在的に敵対関係にある。そこに国境が生ずる。

「Color the World」は各国旗が「平等に」配置され、一つのデザインとしてみえる。それは国家の連合にも見えれば、国家が廃棄されているようにもみえる。

しかしながら、それは一つの旗としてある。旗という物質は国家をいまだ連想させる。旗とは風にたなびいて初めて存在理由が生じる物質である。よってそれは絶えず風にたなびこうとする運動とともにある。

ひとつの旗という枠の内側で、国家の連合、あるいは国家の廃棄が蔵される。しかしながら、同時にそれは未だ国家を連想させる旗であり、しかもその旗は不安定かつ受動的にたなびくことを余儀なくされる。そもそも「平等な国家の配置」などありえるのかという疑問とともに、イメージの混交に幻惑させられる。

そしてその幻惑は次の瞬間、この旗の外側を想像させずにはおかない。ここでもわれわれは、この世界のありえない外側を考える。ありえない外側とは、国家の連合=国家の廃棄という旗の内側に蔵された可能性である。それは窓の外の雪を薄着で笑うようになされるだろう。


(西脇尚人)

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。