twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中琉日関係史から見た尖閣諸島

第476回沖縄大学土曜教養講座
シリーズ「沖縄からの視点」:国境を超えた共生圏を創るPart1
「中琉日関係史から見た尖閣諸島」
 
            
 ◆日 時:3月26日(土)午後1時30分~4時

 ◆会 場:沖縄大学 本館1階 同窓会館

 ◆講 師:西里 喜行 氏(沖縄大学教授)
 
 ◆司 会:新崎 盛暉 氏(沖縄大学名誉教授)
 
 ◆聴講料:300円(予約不要。)

 ◆主 催:沖縄大学地域研究所

第476沖縄大学土曜教養講座のご案内です。
3/26(土)に、シリーズ「沖縄からの視点」:国境を超えた共生圏を創るPart1「中琉日関係史から見た尖閣諸島」を開催いたします。

昨年の尖閣沖での中国漁船の衝突事件以来、尖閣諸島の問題が政治的争点の一つになっています。沖縄に生きる私たちは、日中両国の領土ナショナリズムに巻き込まれてしまうことなく、歴史的にも漁業等の産業の面からも、沖縄に身近な生活圏としてのこの島々について、具体的で正確な知識を持つことが求められています。
そこで今回は、尖閣問題の歴史的前提を理解するために、冊封使の「琉球使録」など尖閣に関する記録の正確な読み方や、琉球処分期の分島改約(琉球分轄)問題等について取り上げることにします。
聴講料300円・予約不要です。

----------------------------------------
 <お問い合わせ先>
    沖縄大学地域研究所
      電 話:098-832-5599
      F A X :098-832-3220
      e-mail:chiken@okinawa-u.ac.jp
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。