twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、高江で何がおこってるの?

★☆★☆★☆★☆★☆転載歓迎ここから★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
上映会「いま、高江で何がおこってるの?」

日時:2月6日(日) PM2:30スタート
場所:国立・地球屋 http://www.chikyuya.info/(国立市東1-16-13 B1 JR中央線国立駅 南口から徒歩5分「大学通り」沿い左側、バーミヤン向かいのビル地下)
入場:無料(カンパをよろしく!)
内容1:高江の普段の映像とヘリパッド問題のおさらい 2:高江の最近の動きの映像 3:1/7 住民の会の沖縄防衛局への要請行動映像
主催:ゆんたく高江 http://helipad-verybad.org/
【よびかけ文】
沖縄本島北部のやんばる地域にある高江は、人口約160人の小さな集落。豊かな水に恵まれた深い森には、天然記念物のヤンバルクイナやノグチゲラをはじめ、数多くの希少動植物が生き、人々は何の心配もなくのどかに暮しています…あの米軍北部訓練場さえなければ。
高江は今までもずっと、米軍北部訓練場の基地被害に悩まされてきました。その高江がいま、国という大きな力によって、さらなる暴力にさらされています。
政府は辺野古への新基地建設とセットで、高江集落を囲むようにして6ヶ所の米軍ヘリパッド(ヘリ着陸帯)の新設を計画。防衛省は住民との対話を一貫して拒み、ヘリパッド建設に反対する住民を「通行妨害」で提訴し、さらに座り込みが手薄になる早朝や、公判で住民が那覇地裁に出かけている隙を狙って、ヘリパッド工事を強行してきています。昨年末、米軍ヘリによるホバリングで座り込みのテントが破壊された事件のときも、防衛省は住民の安全を守るどころか、米軍をかばう発言に終始する有様でした。
住民を無視しなりふりかまわず強行される工事と、基地被害のさらなる押し付け。一体、これのどこが「負担軽減」なのでしょうか。高江の人々はいまこの瞬間も、24時間体制でこれらの暴力に抗っているのです。
高江の「ヘリパッドいらない住民の会」では、このかんの動きをつぶさに記録し、インターネット上で公開しています。私たちは急遽、これらの映像をみんなで見る機会を設けることにしました。上映会の最後には、防衛省に向けてのメッセージをみなさんに書いていただこうと考えています(おてがみ、抗議文、何でもOKです)。
沖縄高江からの悲鳴にも似たような思いを、ぜひ一緒に共有して下さい!
★☆★☆★☆★☆★☆転載歓迎ここまで★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。