twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海の生き物を守る」講演会および写真展

「海の生き物を守る」講演会および写真展のお知らせ

日時:1月30日(日)13:30~16:10 (13:00開場)
会場:ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)第5会議室
講演:
「瀬戸内海の最後の楽園 長島」 高島美登里さん(長島の自然を守る会 代表)
「諫早湾の干潟再生の意義」 佐藤正典さん(鹿児島大学教授)
「辺野古・大浦湾の海の生き物」 安部真理子さん(日本自然保護協会)
参加費:無料 定員:50名(先着順)

期待を抱かせた政権交代であったが、新しい政治はかならずしも海の生き物を守ることに繋がってきてはいないようです。昨年11月に行われた生物多様性条約のCOP10で日本政府は多様性保全に積極的に取り組むと表明したにもかかわらず、その足元ではいまも貴重な海の自然と生きものが危機に瀕しています。「海の生き物を守る会」では、昨年末に「パタゴニア」からいただいた助成金をもとに、1月30日に現在、緊急の課題となっている上関、諌早、辺野古の海に関する講演会を行います。多くの人の参加を歓迎します。
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。