twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高江住民沖縄防衛局へ抗議

米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江区へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)新設で、22日早朝、沖縄防衛局が工事を再開し、23日夜には米軍ヘリが座り込み現場上空を低空飛行しテントを損壊させた問題。これらへの抗議とヘリパッド建設計画の中止、計画撤回を求め、「高江ヘリパッドいらない住民の会」による要請行動が嘉手納町にある沖縄防衛局で行われた。

沖縄防衛局
沖縄防衛局。局内の緊迫感とは裏腹に、中庭では冬休みを迎えた
多くの子どもたちが玉遊びや凧揚げをして楽しんでいた。


要請行動には支援する市民、そして4名の国会議員も参加。真部防衛局長に対して面会を求めたが、同局長は面会を拒絶。これに納得がいかない住民らは同局入口フロアで抗議の座り込みを実施した。この座り込みが功を奏したのか、真部防衛局長は午後2時に会うと態度を変えた。

徳信
山内徳信参院議員(中央)赤嶺政賢衆院議員(左)

要請行動後、報告会が行われた。住民らの活動を支援する沖縄平和運動センターの山城博治事務局長は、防衛局側の見解として、ヘリが米軍のものであるかどうかは調査中であること、真部防衛局長に対しては年明けに再度交渉することを約束したと説明した。

「住民の会」の伊佐育子さんは「防衛局長の態度は事務的で感情があるのか疑問に感じた。基地の中に高江がある状況を想像できないのだろうか?」と不信感を顕わにした。

いったんは面会を拒絶した防衛局長の態度を変えたのは、平和を求める市民と百戦錬磨の議員とがタッグを組んだ形での防衛局内での座り込み行動、それらの情報が主にインターネットユーザーを通して伝播し、日本中から同局への抗議の声が寄せられたことなどが理由として考えられる。草の根の力は負けない。


最後にシュプレヒコール


(西脇尚人)

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。