twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古層はフィクションか実体か

古層はフィクションか実体か
比嘉康雄、その<写魂>と<写今>-沖縄写真史の中で


沖縄博物館・美術館で開催中の企画展 「母たちの神-比嘉康雄展-」の関連イベント「比嘉康雄、その<写魂>と<写今>-沖縄写真史の中で-」が25日同館講堂で行われた。沖縄の祭祀世界を写真に撮り続け、それのみならず思想のレベルまで沈潜した比嘉生前の試みに対して、「魂」から「フィクション」まで幅広い言葉が応酬され、作家の残した古層について議論された。

第一部では、東松照明(写真家)と仲里効(批評家)による対談が行われた。どこか遠くを見つめるように訥々と語る東松のエピソードを仲里が聞き役に徹し受けとめるという内容となった。仲里が東松・比嘉に共通する宮古体験に話を向けると、祭祀世界を撮影するために滞在した比嘉に対し、東松自身はそうではないことを強調し、1969年から始まった在日米軍基地から占領されたアメリカニゼーションへの関心の延長で沖縄に来た思い出を語った。

東松照明
東松照明

また、東松は比嘉がフィリピンで生まれ、戦争で亡くした父親の記憶がなく、慕っていた母親も10歳で亡くした出自に触れ、「母親への強烈な記憶が祭りの女たちと繋がっているはずだ」と指摘、仲里も「それは比嘉の祭祀世界の原点である」と応じた。

第二部のシンポジウムでは5人のパネリストによる議論が静かに展開した。

小橋川共男(写真家)は、比嘉が共同体の根が魂の問題でることを発見したことを強調し、琉球弧から東北、そしてアジアへとその普遍性を確認する旅を続けたと指摘。比嘉という写真家の魂は、白黒のトーンによって思想や倫理性が表現できることを突き詰めていったと述べた。

小橋川共男
小橋川共男

土屋誠一(美術批評家)は、比嘉が祭の古層に近代でないものを追い求めていた点を確認した上で、「『母たちの神』が目指したことは、近代を乗り越える新たな共同体のビジョンのあり方を写真で提示しようとしたのでは」と積極的な評価をした。

土や誠一
土屋誠一

静岡での同展覧会の巡回展に関わる小原真史(映像作家)は、「比嘉の写真には失われた過去を求めるのでなく、近代を問い直す過激さがある」と指摘し、写真というメディアはあくまでコピーであり、オリジナルは祭り自体であるとする見解を述べた。

小原真史
小原真史

同展覧会の特徴は、各地域ごとにまとめるのではなく時間軸に沿った展示の仕方をしている点にある。この点に触れた仲里効は、「時間的なプロセスの中に祭祀主体であるカミンチュを入れたことが隠されたモチーフでは」と興味深い分析を披露した。

仲里効
仲里効

さらに仲里は、沖縄戦後思想史での比嘉の位置づけを試みた。元々警察官であった比嘉が祭祀世界へ向かったのは、「沖縄問題」的なまなざしを批判し、「私」の視点、つまり日常の生き方を撮り直していったことであるとし、それは言葉を換えれば沖縄の共同体の再構築といってよい。この解体・再構築と、川満信一の復帰運動批判、民衆論、八十年代の「琉球共和社会憲法」はシンクロしている。

赤坂憲雄(民俗学者)は岡本太郎との比較で比嘉を論じた。岡本の沖縄論はあくまで通り過ぎる旅人の記録であり、比嘉とはおのずと違う。「岡本は東北の恐山において、産む性を終えた女たちの行き場のないエロスに悲しみを発見した」というエピソードを紹介し、東北では女たちが祭から排除されているのに比べて、沖縄の祭祀世界ではそれが排除されないことは大きな違いであることを指摘した。

赤坂憲雄
赤坂憲雄

他には古層という言葉をめぐる議論が興味深かった。土屋は、「古層を実体のあるものとして捉えることは慎むべきである。肯定的な意味でフィクションではないか」と問題提起した。これに応じて赤坂は、柳田國男、折口信夫らの南島論では、沖縄に対し「失われた日本」が眼差され、古層を保存すべきアーカイブとしてみていたことを批判し、「古層という言葉には自覚的でありたい」と論じた。

仲里は赤坂の論に賛成した上で、「古層には日付・場所・物質性が関与している」と述べ、土屋のいうようにフィクションと言い切ることに疑義を呈した。そしてさらに興味深い持論を展開した。「祭りを実体としてみれば、資本と国家によって解体されていくことは避けられない現実。実体としてみるのでななく、比嘉のように近代の論理に抗うには、イメージをどのように変えるかが重要。それによって現実を変えていける。国家がいかにイメージを操作してきたのか(を逆手にとるべき)。比嘉はアウラ(注1)を捏造することによって現代を考え直していった。写真というメディアがメディウムになることによって」

(注1)アウラ
はてなキーワード

(西脇尚人)
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。