twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖大シンポをUST中継します

既にオルタナ情報でお伝えした沖縄大学で開催される2つのシンポジウムを、OAMがUSTREAM中継させていただくことになりました。このサイトのUSTREAM画面から視聴できます。改めて両シンポの情報を掲載します。会場へ来られない方はぜひご覧下さい。

ツイッターで参加の方はこちらから
沖縄オルタナティブメディア on USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/okinawa-alternative-media-0


沖縄・生物多様性市民ネットワーク
COP10(第10回生物多様性条約締約国会議)@名古屋報告会


日時:2010年12月18日(土)
   14:00-17:00
   (13:30開場)

場所:沖縄大学3-101教室


さる10月、COP10(第10回生物多様性条約締約国会議)が名古屋で開かれ、沖縄・生物多様性市民ネットワーク(沖縄BD)から約50名が参加しました。

沖縄BDは結成から1年以上、名古屋のサポーターと連携し、COP10の参加に向けて取り組みを続けてきました。そして、COP10会期期間中は、ブース・ポスター出展、シンポジウムやフォーラムの開催、演劇「フクギの雫」の上演、国際社会へのアピールなどの活動を展開しました。

この報告会では、COP10での活動の様子を、画像・映像を使い、報告いたします。COP10で沖縄BDは何をしてきたのか?できなかったのか?これから私たちは足下で、自分の地域で何をしたらいいのか?COP10の経験を皆様と共し、今後について考える場にしたいと思います。

内容

-COP10では何が決まったのか

-ブース・ポスター担当者からの報告 ~設営苦労話から来場者の感想まで

-沖縄BD主催、沖縄BDメンバーが発表したフォーラム・シンポジウムの報告

 ~サイドイベントでの活動を報告

-舞台「フクギの雫」の報告~名古屋サポーター会議との連携

-会場、会議場でのアピール~沖縄の生物多様性パンフレットの配布から国際先住民族フォーラム(IIFB)でのアピール、IIFBの閉会宣言での沖縄への言及についてなど

-ユース部門からの報告~私たちはCOP10で何を学んだのか

-総括~沖縄BDはCOP10で何ができたか/できなかったのか、それはなぜか

年末でお忙しい時期ではありますが、皆様、お誘いあわせの上、ご参加ください。

主催:沖縄・生物多様性市民ネットワーク/ CBD市民ネット沖縄地域作業部会
共催:沖縄大学地域研究所

問い合わせ先:沖縄・生物多様性市民ネットワーク
         吉川 yhideki@cosmos.ne.jp[TEL]090-2516-7969
       沖縄大学地域研究所
         後藤 goto@okinawa-u.ac.jp [TEL]098-832-5599 [FAX]832-3220




----------------------------------転載・転送歓迎
□□□Japan Focus/沖縄大学地域研究所フォーラム□□□
   
   「沖縄はどこへ向かうのか」


◆日時 12月19日(日)10時~17時
◆会場 沖縄大学 3-101
(無料)

2010年、県内外の情勢が大きく変動するなか、この問いが新たな重要性と意義をもって、沖縄に投げかけられています。私たちはこの問いにどう答えるのでしょうか。そしてその答えを、日本、米国、アジア、そして世界へとどう伝えていけばいいのでしょうか。

本フォーラムは、沖縄県知事選挙の結果や、エスカレートする「尖閣諸島」の「国家間/政治問題化」に焦点を当て、さらに名古屋で行われた第10回生物多様性条約締約国会議(COP10)の経験を踏まえ、「沖縄は、どこへ向かうのか」の問いに市民・住民の立場から答えていく試みです。

知事選挙を通して示された沖縄の民意はどうなるのか。「尖閣諸島問題」を住民や市民の経験や視点から捉えることはできるのか。そしてCOP10への取り組みから見えてきた市民の可能性と課題とはなにか。

国家や国際政治の枠組みを越える沖縄の存在や民意と、その重要性について議論する大事な機会になると思います。多くの方々のご参加をお待ちしています。

◆内容 
セッションⅠ  10時~
 COP10以後の沖縄:「生物多様性」に市民はどう取り組むのか
〔キーワード〕環境・生物多様性をめぐる連携と乖離(沖縄、本土)、国際社会への関わり
〔パネリスト〕桜井国俊(沖縄大)、河村雅美(沖縄BD)、吉川秀樹
(沖縄BD)

セッションⅡ  13時~
「9.7」以後の沖縄:「尖閣諸島問題」を沖縄から問い直す
〔キーワード〕「国家間対立化」という問題、民衆交流によるアジアと
の共生
〔パネリスト〕新崎盛暉(沖縄大)、ガバン・マコーマック(オーストラリア国立大学)、若林千代(沖縄大学)

セッションⅢ  15時~
 11.28以後の沖縄:知事選後の沖縄はどこへ向かうのか
〔キーワード〕日米沖の関係 - 普天間、辺野古、グアム、脱基地と沖縄の自治と自立
〔パネリスト〕佐藤学(沖縄国際大)、島袋純(琉球大学)、宮城康博(元名護市議)

※既に配布されていますチラシには吉田健正氏のお名前が入っておりますが、当日、パネリストとしての登壇はありません。お詫び、訂正いたします。

◆主催 ジャパン フォーカス/沖縄大学地域研究所
◆協力 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
    Peace Philosophy Centre

Webでのご案内はこちらから
http://www.okinawa-u.ac.jp/chiikikenDoyou.php?eid=00062
http://www.bd.libre-okinawa.com/
(英文)
http://peacephilosophy.blogspot.com/2010/12/where-is-okinawa-going-forum-at-okinawa.html

問い合わせ先:沖縄大学地域研究所
        後藤 goto@okinawa-u.ac.jp
[TEL]098-832-5599 [FAX]832-3220

 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
吉川 yhideki@cosmos.ne.jp
[TEL] 090-2516-7969
...................................................
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。