twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陸の孤島」を支えた共同店100周年

「陸の孤島」を支えた共同店100周年
オーマイニュース掲載 2006-10-18


image013.jpg
100周年を迎えた奥共同店

 沖縄本島最北端に位置し、かつては「陸の孤島」と呼ばれた国頭村奥区だが、今では道路が整備され、車なら那覇から高速道路を利用して3時間弱で行ける。その便利さとは裏腹に、100年前には約800人いた人口が終戦後に約1300人とピークを迎えたあと減少傾向をたどり、今は約190人と過疎化が進んでいる。

 ここで10月7日に「奥共同店創立100周年 記念式典及び記念祝賀会」(主催・奥共同店100周年記念事業実行委員会)が開かれ、奥区住民や郷友会など約600人が集まり、100年の歴史を盛大に祝った。

 共同店(共同売店ともいう)とは北部の国道沿いなどでよく見かける日常雑貨を扱う商店をいう。100年続いたとはいえ単なる商店がこれだけ盛大なお祝いをするとは大げさすぎないか? そんな疑問も共同店第1号である奥共同店の歴史を振り返れば自ずと解ける。

 奥区で雑貨商を営んでいた糸満盛邦氏が1906年に村の発展のためにと私財を投げ打って共同店を設立、那覇などから物資を運ぶために必要な「やんばる船」を購入、さらに区住民の共同出資による株主制として共同事業の形態をとった。地域自立の要として機能していたようだ。

 奥共同店が区の繁栄に果たした事業をざっと紹介しよう。納税(区の予算から一括して支払われるので未払いがなく、かつて「無税の村」と評判になったことがあるほどだ)や株主配当、区会計並びに各種団体への補助、医療、運送業、茶業、精米所、製材所、発電所、酒造会社、貸付事業などなど事業を幅広く展開していたのだ。単なる「商店」の範囲を超えている。今も残っている茶業は「奥といえばお茶」と言われるほど区の主要産業として定着している。

 同形態の共同店は最北端の奥から南下し、沖縄本島や周辺の離島、宮古・八重山諸島にまで広がった。1980年頃には100店以上あったが、道路整備による交通の発達や大型スーパー・コンビニの進出などが影響して減少し、現在では沖縄本島北部を中心に約70店が営業を続けている。

 思わぬ波及効果がある。奥共同店の事業を参考に宮城県丸森町大張に「なんでもや」という店が2003年12月に開店したのだ。それまであった2つの店が閉店したためお年寄りが多い過疎の村として困っていたところ、奥共同店を真似して住民から出資を募り、見事開店にこぎつけた。以来宮城産の新米が奥共同店で販売されたり、「なんでもや」に沖縄物産コーナーができるなど、協力関係を築くことができた。

沖縄県内に現存する70店の経営はいずれも苦しい。しかし、移動手段である車を持たないお年寄りや子供などにとってはなくてはならない存在であり、その使命感から各主任の並々ならぬ努力で存続しているのが実情だ。ちなみに主任とは区から共同店経営を任される人のことで、区の選挙で選ばれ、任期は2年という制度が多い。

image014.jpg
壇上で元気に踊る90歳を超えるお年寄りたち

祝賀会で奥共同店の第31代主任を務める糸満盛也さん(創設者の子孫)は「オクンチュ(奥の住民)が元気になることが自ずと共同店の発展につながる」と力強く式辞を述べた。糸満さんは主任就任後、茶業組合長を兼任するほかエコツーリズムの活動にも携わり、地域活性化に尽力している。

 祝賀会の最後には90代のお年寄りが前列に並び、全員でカチャーシーを踊って幕を閉じた。そんな光景を見ていたところ、隣の40代の男性から感想を聞かれた。一見してヤマトンチュ(日本人)と分かる私のようなヨソ者に、地元の催しがどのように映るのか関心があるようだ。「舞台の上も下も分け隔てなく楽しんでいるところが素晴らしいですね」と答えると、生まれも育ちも奥だという彼はそうだろうといわんばかりに笑みを漏らした。自分の生まれシマ(地元)の、しかも区単位で共同店のような独自の文化を持ち、それを誇りにできる。彼の笑顔がまぶしく見えた。


サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。