twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母たちの神-比嘉康雄展-

比嘉康雄展


企画展「母たちの神-比嘉康雄展-」

 比嘉康雄(ひが・やすお)は、1968年のB52爆撃機の墜落事故をきっかけに、警察官の職を辞して写真家となりました。激動期の沖縄を象徴し、戦後沖縄を代表する写真家の一人と言えるでしょう。
 初期には、沖縄の社会的な現状に目を向けましたが、宮古島の祭祀との出会いに衝撃を受け、琉球弧の祭祀世界―沖縄の古層に、沖縄人の生活・文化の根となる思想を求めていきました。
 本展では、比嘉が生前に出版のため編纂した「母たちの神」―琉球弧の祭祀を網羅した写真群―を中心に紹介しながら、比嘉康雄が求めた思想を芸術、民俗、哲学などの各方面から、多面的に検証いたします。


会期:2010年11月2日(火)~2011年1月5日(水)

場所:沖縄県立博物館・美術館 企画ギャラリー1・2

料金:一般 1,000(800)円、大学・高校生700(560)円、中学・小学生300(240)円
*(  )内は、前売り及び20名以上の団体料金です。

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。