twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球列島の生物多様性に対する脅威

CBD/COP10 生物多様性交流フェア NGO/NPOフォーラム

琉球列島の生物多様性に対する脅威


主 催:WWFジャパン
日 時:2010年10月23日(土)15:30-17:30
場 所:名古屋学院大学体育館1階小会場2(生物多様性交流フェア会場内)
テーマ:琉球列島の生物多様性に対する脅威
言 語:日本語(英語のウィスパリングあり)

内 容:
琉球列島(南西諸島)には、サンゴ礁、干潟、マングローブ林、亜熱帯林など多様な環境があり、固有種や固有亜種が多く、生物多様性に富む地域・海域となっています。しかし、いろいろな公共事業(港湾、道路、ダム、農用地開発、森林伐採など)やリゾート開発、米軍の軍事基地建設や演習等により、生物多様性の劣化が進みつつあります。このフォーラムでは、琉球列島の生物多様性に対する脅威について、また、沖縄島(泡瀬干潟、辺野古・大浦湾、東村高江)と奄美大島のホットスポットと、そこで起きている問題について発表し、今後の保全活動について議論します。

発 表:
1. 琉球列島の生物多様性に対する脅威
・・・・・・・・・・・・・・・花輪伸一(WWFジャパン)
2. 泡瀬干潟の豊かな生物と埋立問題
・・・桑江直哉(沖縄市議会議員/泡瀬干潟を守る連絡会)
3. 守りたい、大浦湾の自然と暮らし
・・・・・浦島悦子(ヘリ基地いらない二見以北十区の会)
4. 高江の米軍ヘリパッドによる地域破壊
・・・・・・比嘉真人(高江ヘリパッドいらない住民の会)
5. 奄美大島の生物多様性保全と課題
・・・・・・・・・・・・常田圭一(奄美自然環境研究会)


問い合わせ先
 花輪伸一(WWFジャパン自然保護室)
Tel.03-3769-1711 携帯090-2452-8555 Mail:hanawa@wwf.or.jp
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。