twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄本レビュー(書評)執筆募集(10月)

【沖縄本レビュー(書評)執筆募集について】

・下記の沖縄本リストは1ヶ月1回をめどに新しい書籍をアップしていきます。
・掲載されている沖縄本の書評執筆をご希望される方は、書籍名を明記の上、
 情報募集投稿フォームに必要事項を記入し、OAM編集部あてに送信下さい。
・書籍をご郵送の上、ご執筆いただいた書評をOAMサイト内でご紹介致します。
・原稿の締め切りはご郵送後約3週間、分量は約1000字が目処です。原稿料は
 現金でのお支払いをせず、書評書籍の献本をもって代えさせていただきます。
・お一人様一回につき一冊とさせていただきます。複数のご応募はご遠慮下さい。
<応募終了>の表示がある書籍については既に書評執筆者が決定
 しておりますので、あしからずご了承下さい。




沖縄本リスト①
「沖縄へ 歩く、訊く、創る」
 
  

書評用p「沖縄へ」

「沖縄へ 歩く、訊く、創る」
鈴木耕(著)リベルタ出版(2010/08 出版)
222p / 19cm / B6判  価格:¥1,575 (税込)

大田昌秀、山内徳信、伊波洋一氏らの声
を訊きながら、怒りの現場・沖縄を歩く。
そして『吉里吉里人』に着想を得て浮かび
上がった「沖縄医療特区」構想!



沖縄本リスト②  <応募終了>
「沖縄・戦後子ども生活史」


書評用P「沖縄・戦後子ども生活史」

「沖縄・戦後子ども生活史」
野本三吉(著)現代書館(2010/07 出版)
478p / 19cm / B6判  価格:¥3,780 (税込)

相互扶助の精神の強い沖縄でも子どもに
かかわる事件が本土並に多くなっている。
戦後の沖縄史を子どもの生活を基本に
置いたところから見つめ直す書。



沖縄本リスト③  <応募終了>
「風景の裂け目 沖縄、占領の今」


書評用P「風景の裂け目」

「風景の裂け目 沖縄、占領の今」
田仲康博(著)せりか書房(2010/04 出版)
299p / 19cm / B6判  価格:¥2,520 (税込)

占領時代を経て祖国復帰から現在に至る
戦後沖縄社会の風景を、自らの身体的経験
と記憶をもとに〈文化=政治〉の視点から
鮮烈に描き出す。



沖縄本リスト④ <応募終了>
「日米密約 裁かれない米兵犯罪」


書評用P「日米密約 裁かれない米兵犯罪」

「日米密約 裁かれない米兵犯罪」
布施祐仁(著)岩波書店(2010/04 出版)
192p / 18cm / B6判  価格:¥1,575 (税込)

徹底取材で明らかになった日米密約と
その関連文書には,米兵犯罪を日本で
裁かせないトリックと日米両政府の
申し合わせが隠されていた。



沖縄本リスト⑤
「沖縄放送研究序説」


再度 沖縄放送研究序説

「沖縄放送研究序説」
玉城朝彦(著)出版舎Mugen(2010/05 出版)
462p / 22cm / A5判 価格:¥2,940 (税込)

長年にわたってRBC(琉球放送)の記者、
キャスターを務めたテレビマンが、自らの体験
にもとづいて沖縄における放送の歴史・実態・
問題点に率直な語り口で切り込んだ書。



沖縄本リスト⑥  <応募終了>
「大城弘明写真集『地図にない村』」


書評用P「大城弘明写真集」

「大城弘明写真集『地図にない村』」
大城弘明(写真)仲里効(解説) 未來社(2010/08 出版)
152p / 22cm / A4変型判 価格:¥3,990 (税込)

記憶のなかの「ンマリジマ=生まれ故郷」を訪ねる
旅路に、レンズは終わることのないイクサの闇を捉える。
報道写真家としていまなお沖縄を撮り続ける氏の軌跡を
はじめて集成した待望の作品集、モノクロ123点収録。



沖縄本リスト⑦
「同人誌 非世界(21号)」


書評用P「非世界(21号)」

「同人誌 非世界(21号)』」
 『非世界』同人会発行(2010/08 出版)
135p / 21cm / A5判 価格:¥525 (税込)

同時代の沖縄の状況と向き合う詩、評論、
エッセーなど、約20編の文章を収録。
樹乃タルオ、鈴木次郎、平敷武焦、宮城松隆
ら多彩な執筆陣の作品が目を引く。



沖縄本リスト⑧
「現代沖縄の歴史経験」


書評用P「現代沖縄の歴史経験」

「現代沖縄の歴史経験」
冨山一郎、森宣雄(編著)青弓社(2010/07 出版)
424p / 21cm / A5判 価格:¥3,570(税込)

「沖縄問題」の饒舌な語りを回避しながら、
それが何を恐れて発された言葉なのかを問い、
経験に関わる言葉の連累の可能性を多角的に
照らし出す。



沖縄本リスト⑨
「沖縄戦が問うもの」


書評用P「沖縄戦が問うもの」

「沖縄戦が問うもの」
林博史(著)大月書店(2010/06 出版)
255p / 19cm / B6判 価格:¥1,890(税込)

くりかえす苦難と矛盾の原点にある沖縄戦。
その全容を「集団自決」や住民動員のあり方
など33の論点から多角的に検証。沖縄戦を
引き継ぐための、第一人者による入門書。



沖縄本リスト⑩
「沖縄―1999-2010
戦世・普天間・辺野古 豊里友行写真集」


「再度 沖縄―1999-2010」

「沖縄―1999-2010 戦世・普天間・辺野古 豊里友行写真集」
豊里友行(写真)新崎盛暉ほか(エッセー)
 沖縄書房(2010/06 出版)
103p / 19cm / B6変型判 価格:¥840(税込)

政府による普天間の今年5月末決着を見据え
緊急出版されたミニ写真集。過去11年間に
撮りためた作品。沖縄戦と基地問題の2部
構成で、樋口健二氏や石川文洋氏の文章も掲載。



沖縄本リスト⑪  <応募終了>
「憲法と沖縄を問う」


書評用P「憲法と沖縄を問う」

「憲法と沖縄を問う」
井端正幸、仲山忠克、渡名喜庸安 (編)
法律文化社(2010/07 出版)
187p / 21cm / A5判 価格:¥2,100(税込)

沖縄の怒りが臨界にあるなかで、“憲法から
沖縄を”“沖縄から憲法を”問い直す作業を
通じて、沖縄がかかえる諸問題の実像に迫る。


サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。