twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスプレイ配備 脅威の背景「週一スタジオ配信」第4回予告

タイトル:オスプレイ配備 脅威の背景
トーク:真喜志好一さん(建築家)
日時:9月24日(金)20時~21時

概要:
《岡田克也外相は9日の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場の代替施設での垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備について「可能性があり、それを念頭にきちんと議論を行うべきだ」と述べた。外相がオスプレイ配備があり得ると直接言及するのは初めて。》(沖縄タイムス9月9日付)
これまで頑なにシラを切りとおしてきた日本政府が、オスプレイ配備について初めて認めた瞬間だ。いったいこれは何を意味するのか?事故多発の同機が辺野古新基地へ配備されることをいち早く指摘してきた真喜志好一さんに話を伺う。オスプレイは「容認派」上空も飛ぶ。

論点:
・普天間「移設」ではなく辺野古新基地建設が真相
・日本政府が隠すオスプレイの脅威
・オスプレイ配備は高江ヘリパッドにも

真喜志好一さん:
建築家。その綿密なデータ分析に裏打ちされた理論闘争は、沖縄の平和・環境運動の中で特異な位置を占める。
http://blogs.yahoo.co.jp/okinawa_maxi

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。