twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認めてどうする?「最低」辺野古アセス

真喜志さん

配信はこちらから
    ↓
OAM(沖縄オルタナティブメディア)

「ナマ(今)とぅびぃん! オルタナ・クール」第29回

日時:2月16日(木)9:00pm~10:00pm
タイトル:認めてどうする?「最低」辺野古アセス
ゲスト:真喜志好一さん(建築家)
場所:カフェチェロ

昨年末県庁への午前4時搬入というありえない「事件」から波乱の幕開けをした辺野古環境アセス評価書手続き。審査会を経て「保全を図ることは不可能」と事業を困難視する答申がこのたび知事へ出された。時を同じくして日米政府は2006年に「合意」された米軍再編内容、つまり普天間の辺野古移設と海兵隊グアム移転、嘉手納以南の基地返還のパッケージを切り離す共同発表をした。新たな展開に問題の本質が見えにくくなりがちな今、市民運動の立場で当初から日米政府の欺瞞を鋭く告発してきた真喜志好一さんから、スライドショーを交え話を伺う。

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。