twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトシティさがみはら2011 プロの部入賞作品展 石川真生「Fences, Okinawa」

フォトシティ相模原

フォトシティさがみはら2011 プロの部入賞作品展 
石川真生「フェンス沖縄」@Nikon Salon, Tokyo, Japan


2012年1月31日(火)-13日(月)
10:00 - 18:30(最終日は15:00まで)
*2月11日(土)・12日(日)休館*

Nikon Salon 〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー28階(ニコンプラザ新宿内)

写真展内容

<相模原市総合写真祭「フォトシティさがみはら」について>
写真は、芸術写真から家族写真まで広い地盤を持ち、その卓越した記録性と豊かな表現機能により、多くの人に感動を与えるものであるとともに、私たちの生活にとても身近な存在である。
相模原市では、豊かな精神文化が求められる新しい世紀の幕開けにあたり、写真文化にスポットをあて、これを「新たなさがみはら文化」として全国、世界に発信することを目指して、総合写真祭「フォトシティさがみはら」を2001年(平成13年)にスタートさせた。
この写真祭は、新たな時代を担うプロ写真家の顕彰と、写真を楽しむアマチュアに作品の発表の場を設けるとともに、市民が優れた芸術文化に触れたり、それぞれの場に参加できたりする市民参加型の事業で、写真をキーワードとして、時代と社会を考え語り合うことで、新世紀における精神文化の育成に貢献することを基本理念にしている。
また2006年には、地域における写真文化の振興に顕著な貢献をしたとして社団法人日本写真協会が主催する「日本写真協会賞・文化振興賞」に、相模原市総合写真祭フォトシティさがみはら実行委員会が選定された。

<受賞作品について>
本写真展では、2011年(平成23年)10月に開催された第11回写真祭プロの部において、広義の記録性の分野で活躍している中堅写真家の中から「さがみはら写真賞」1名、新人写真家の中から「さがみはら写真新人奨励賞」2名、また、アジア地域で活躍している写真家を対象にした「さがみはら写真アジア賞」1名の入賞作品を展示する。
「さがみはら写真賞」には、来年本土復帰40年を迎える沖縄で、冷たい鉄条網に分断された土地に生きる人々の内なるソウルをとらえた石川真生氏の作品『FENCES, OKINAWA』が選出された。
「さがみはら写真新人賞」には、東京の地下に縦横無尽に張り巡らされた地下水道の世界を四半世紀にわたって撮り続けてきた白汚澪氏の作品『地下水道』と、故郷への帰省をきっかけにそれまで行ったことのない様々な土地を自由に旅するようになった写真家の、日常では味わえない濃密で不思議な時間の記録と記憶を表した本山周平氏の『日本 2001-2010』が選出された。

「さがみはら写真アジア賞」には、ミャンマー軍事政権下の人権侵害の影響から七万人以上ものチン族難民がインド東部の州ミゾラムでの生活を余儀なくされている実態を扱ったヴィージェイ・ヴィラフランカ氏の『A Race Divided』が選出された。

石川 真生(イシカワ マオ)
1953年沖縄県生まれ。74年ワークショップ写真学校「東松照明教室」入学。

主な写真展:77年「金武の女たち」、87年「LIFE IN PHILLY」(以上、ミノルタフォトスペース/東京)、99年「日の丸を視る目」(2000年まで全国各地で巡回展)、2003年「KEEP IN TOUCH: POSITIONS IN JAPANESE PHOTOGRAPHY」(カメラ・オーストリア特別企画展に参加。カメラ・オーストリアギャラリー/グラーツ市美術館内・オーストリア)、04年「沖縄ソウル」(横浜市立美術館企画展「ノンセクト・ラディカル 現代の写真Ⅲ」に参加。PS1 コンテンポラリーアートセンター・アメリカ近代美術別館企画展「永続する瞬間―沖縄と韓国、内なる光景」に参加)、09年「フェンス OKINAWA」(那覇市民ギャラリー)、10年「セルフポートレート携帯日記」「日の丸を視る目」(TOKIO OUT of PLACE/東京)など多数。

主な著書:82年「熱き日々 in キャンプハンセン!!」(共著・あーまん出版)、89年「フィリピン」、90年「港町エレジー」、91年「仲田幸子一行物語」(以上、自費出版)、95年「沖縄と自衛隊」(高文研)、96年「これが沖縄の米軍だ」(共著・高文研)、「沖縄海上ヘリ基地」(高文研)、2002年「沖縄ソウル」(太田出版)、06年「シマが揺れる」(共著・高文研)、10年「LIFE IN PHILLY」(Gallery OUT of PLACE/ZEN FOTO GARALLERY)、「FENCES,OKINAWA」(未来社)、11年「日の丸を視る目」(未来社)

受賞歴:77年「金武の女たち」でミノルタアマチュア写真大賞、95年「沖縄と自衛隊」で沖縄タイムス芸術選賞奨励賞、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞、99年「日の丸を視る目」で週刊現代ドキュメント写真準大賞

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。