twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水はめぐり命をはぐくむ

水はめぐり命をはぐくむ~~~水循環から南西諸島の自然と人のつながり、自然再生を考える

日時 2011年12月23日(金)天皇誕生日
    14:00~17:00
場所  名護博物館ギャラリー 09880-53-1342(入場無料)
講師  新井章吾(海藻研究所所長・海中景観研究所所長)
    田代豊(名桜大学国際学群・環境科学 准教授 )

内容 
身近な風景を見渡せば、かつての沖縄には『水』をキーワードにした豊かな循環機能があったのです。沖縄の沿岸にはジュゴンの餌である海草藻場が広がり、多数のジュゴンが生息していました。いつからか多くの海草藻場が消失しジュゴンも見られなくなりました。私たちは、陸域の開発に伴う水循環機能の劣化が海草藻場(うみくさもば)の消失をもたらしたのではないかと考えています。

島根県で中海(なかうみ)の再生事業に係わり、陸と海のつながりに詳しい新井章吾氏と、地元、名桜大学において環境科学の専門家として市民活動の良き指導者である田代豊氏をお招きして、豊富な写真と具体的な例を引き、集水域における雨水の浸透、海岸海底からの湧出、その機能、人との関わり、海洋生物との関わりなどを市民のみなさんにご紹介し、共に足元の豊かな海の再生を考えてみたいと思います。

◆主催/連絡先 北限のジュゴン調査チーム・ザン
 ☎&FAX:0980-43-7027  携帯電話:090-8032-2564
 Eメール: n-hokugen.19@kjd.biglobe.ne.jp

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。