twitter @oam0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハワイ・沖縄交流会」

ハワイ・沖縄

Okinawan Studies 107 Presents
「ハワイ・沖縄交流会」
〜御冠船歌舞団がくむんツアー
 懐かしきふるさと、生まり島うちなー

2011年6月4日(土)17:30スタート
@南風原文化センター http://bit.ly/jgps3S
入場無料(一品持ちよりパーティー:お好きな食べ物や飲み物をご持参ください)
お問い合わせ:okinawanstudies107@gmail.com


スポンサーサイト

6.11 脱原発100万人アクション 沖縄連動企画会議

「ナマ(今)とぅびぃん! オルタナ・クール」第14回予告

配信日時:6月2日(木)午後9時~11時

タイトル:6.11 脱原発100万人アクション 沖縄連動企画ミーティング

福島原発震災から3ヶ月が経過する6月11日に、脱原発を求める100万人アクションが市民有志により呼びかけられ、全国さらには海外にも賛同の声が広がっている。「沖縄でもなにかやりたい!」と声を挙げたメンバー数名によるミーティングが行われる。OAMではその趣旨に賛同しそのメンバーとして関わりたい。ということで、そのミーティングの模様をそのままダダ漏れする。

参加予定:
桃原淳
新垣誠
KEN子
比嘉勝子
新垣仁美
平良識子
西脇尚人


関連サイト:
6.11 脱原発100万人アクション

関連記事&動画:
沖縄の自己決定権を掲げる若きリーダー
沖縄の貧困問題解決にとりくむ
オルタナクール第6回 君はなぜ戦争に行った?
オルタナ・クール第5回 comfortableな沖縄とは

ラムネットJシンポジウム in 沖縄「湿地保全と私たちの社会」

ラムネットJシンポジウム in 沖縄「湿地保全と私たちの社会」
無駄な公共事業と環境アセスメント─泡瀬から変えよう!─


 「ムダで有害な公共事業」、「走り出したら止まらない公共事業」と言われた大規模開発型公共事業は、日本の湿地を次々に破壊してきました。泡瀬干潟埋め立て事業は、その典型です。裁判所から公金支出差し止め判決が出たにもかかわらず、いままた、新たな装いで埋め立てを強行しようとしています。このシンポジウムの第1部では、泡瀬干潟埋め立て事業の問題点をさぐり、諫早湾干拓事業や博多湾人工島埋め立て事業の問題にも触れながら、湿地保全と社会制度の問題、特に環境アセスメントの視点から、今後を展望します。

 続いて第2部では若者の社会と環境活動について取り上げます。全国各地に環境活動を行うNGO・NPOは数多くありますが、そのほとんどに共通する問題点があります。それは「若者の参加が少ない」ということ。一方で、反原発・反基地問題などを通じて、いわゆる環境系・自然保護系ではない若者が参加することで、活動が広がり始めている例もあります。泡瀬でも干潟保全の活動を担う若者が市議会議員に立候補して当選するなど、新しい動きが見られます。沖縄での事例を中心に、ユースの力で変革する環境活動の未来についてともに考えてみましょう。

日 時:6月26日(日)13:00~18:00
場 所:沖縄市農民研修センター 大研修室
     沖縄市字登川2380 TEL 098-938-9121
参加費:無料
主 催:ラムサール・ネットワーク日本(ラムネットJ)
    泡瀬干潟を守る連絡会
お問い合わせ:
    ラムネットJ事務局 TEL/FAX 03-3834-6566
    Eメール info☆ramnet-j.org(←☆印は@に置き換えてください)

■プログラム

【第1部 13:00~16:15】
無駄な公共事業と環境アセスメント─泡瀬から変えよう!─
●泡瀬干潟埋め立て事業の問題
 1)現場からの報告:工事着工により泡瀬干潟がどう変化したか
  (アセスの不備を指摘する)
   小橋川共男(泡瀬干潟を守る連絡会共同代表)
 2)合理性のない土地利用計画
   前川盛治(泡瀬干潟を守る連絡会事務局長)
●諫早湾干拓事業と博多湾人工島埋め立て事業の経験から
   堀 良一(ラムネットJ共同代表)
●日本の環境アセスメント制度の現状と課題
   大久保規子(大阪大学大学院法学研究科教授)

【第2部 16:30~18:00】
ユースの力で変えよう!環境活動─Good Practice from OKINAWA─
●ユースからの事例紹介
   桑江直哉(沖縄市議会議員、泡瀬干潟を守る連絡会)
   KEN子(ミュージシャン、全国で沖縄を語るエコ番長)
   岡田和樹(ハチの干潟調査隊、上関原発を考える広島20代の会)ほか
●討議 ─ユースから見た環境活動の問題点と可能性─
  コーディネーター
   原野スキマサ(バイオダイバーシティ・インフォメーション・ボックス)
   宇田川飛鳥(慶應義塾大学社会学研究科博士課程)

※湿地のグリーンウェイブ・イベントです。
http://www.ramnet-j.org/gw/
※このシンポジウムのチラシのPDFファイルはこちらにあります。
http://www.ramnet-j.org/2011/05/29/110626sympo.pdf
※このシンポジウムに合わせて、沖縄でのエコツアーも実施します。
http://www.ramnet-j.org/2011/05/information/889.html

************************************************
NPO法人 ラムサール・ネットワーク日本
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2F
TEL/FAX 03-3834-6566 Eメール info@ramnet-j.org
ウェブサイト http://www.ramnet-j.org/
***********************************************
※2011年4月20日に上記所在地に事務所を移転しました。

オルタナ・クール配信時間変更のお知らせ

毎回お楽しみいただいている「ナマ(今)とぅびぃん! オルタナ・クール」はこれまで第1・3金曜日夜7時から9時の時間でお届けしてきました。これまで「もう少し遅い時間なら見れるのに」などのご意見をいただいていました。それらを踏まえ、6月より時間を第1・3木曜日夜9時から11時に変更することにしました。これからもユニークな企画でお届けします。どうぞご期待下さい。
サイト内検索
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。